データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



楽天・田中和基、マー君・則本以来のパ新人王! 試合出場へのこだわりが原動力「日本を代表する野手になりたい」

2018/11/27

text By

タグ: , , , , , ,



 東北楽天ゴールデンイーグルスの田中和基外野手が27日、東京都内で行われた「NPB AWARDS 2018 supported by リポビタンD」で、 今季のパ・リーグ最優秀新人賞(新人王)を獲得した。楽天では田中将大投手(2007年)、則本昂大投手(2013年)に続いて3人目の受賞となった。
 
 田中は「正直取れると思ってなかった。素直にうれしい」と喜びを語った。立教大から2016年ドラフト3位で楽天に入団し、プロ2年目で栄冠を手にした。
 
 今季は105試合に出場し、打率.265、112安打、18本塁打、45打点、21盗塁を記録。5月末からスタメンに起用されると、レギュラーに定着した。快足とパンチ力のある打撃を持ち味に活躍。8月1日のオリックス・バファローズ戦では、左右両打席で本塁打を放つなど、一気に新人王候補に名乗り出た。
 
 シーズン中盤まで新人王を意識することはなかったという田中。「明日も試合に出たい、明日も試合に出たいという気持ちで毎日試合に出ていた」と振り返る。しかし、シーズン終盤は新人王を意識。「数字との戦いになって、結果が思うように残せなかった」と反省を口にし、シーズン中盤の強い気持ちが今回の受賞につながったとした。
 
 これまで楽天で新人王を獲得した選手は投手2人。田中は「2人とも日本を代表する投手なので、その2人に続けるように日本を代表する野手になりたい」と目標を語る。「今年、新人王をとれた。僕の姿は注目されるし、この賞に恥じないように活躍したい」と来季の飛躍を誓った。
 
取材・文:山岸佳奈