データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日本ハム、新入団選手の背番号が決定 ドラ1吉田は“エース”期待の「18」

2018/11/24

text By

タグ: , , , , , , , , , , , ,



 北海道日本ハムファイターズは23日、ドラフト指名による新入団選手の背番号を発表した。
 
 それぞれの指名選手の背番号は、今夏の甲子園で金足農高を準優勝に導き、ドラフト1位指名を受けた吉田輝星投手は「18」、2位の野村佑希内野手(花咲徳栄高)は「24」、3位の生田目翼投手(日本通運)は「13」、4位の万波中正外野手(横浜高)は「66」、5位の柿木蓮投手(大阪桐蔭高)は「37」、6位の田宮裕涼捕手(成田高)は「64」、7位の福田俊投手(星槎道都大)は「40」、そして育成1位の海老原一佳外野手(BC富山)は「144」に決定。
 
 吉田が背負うことになった「18」は、かつて高橋一三氏(投手)、河野博文氏(投手)、岩本勉氏(投手)、藤井秀悟氏(投手)、斎藤佑樹(投手)、岡大海(外野手)が付けているが、吉田も日本ハムの未来を担う選手として活躍が期待される。