データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



勝てば日本一、ソフトB・工藤監督「この一戦にかける」 広島に流れ譲らず、最後のマウンドは守護神・森を指名

2018/11/03

text By

タグ: , , , , , , ,



 福岡ソフトバンクホークスと広島東洋カープによる「SMBC日本シリーズ2018」第6戦が3日、マツダスタジアムで行われる。本拠地3連勝で日本一に王手をかけたソフトバンクが、2年連続の悲願に向けて今夜の試合に臨む。
 
 3勝1敗1分と優位な状況ではあるが、敵地・広島では未勝利のソフトバンク。工藤公康監督はマツダスタジアムの雰囲気を「ファンの熱気っていうのはすごい」と話し、「この一戦にかけるぐらいの気持ちを持ってやらないと、逆に広島に勢いをつけてしまうという結果にもなる」と警戒した。また指名打者(DH)制のないセ・リーグでの球場であることも挙げ、「戦略も含めてもう少し練った方がいい」と日本一に向けて余念はない。
 
 そして、最終回のマウンドには「そこは迷わず」と、今季セーブ王に輝いた森唯斗投手を指名。絶対的守護神デニス・サファテ投手を欠く中、1年間試合を締め続けた森に「最後にマウンドに誰しもがいてほしいと思っているピッチャーは、森君だと思います」と全幅の信頼を寄せた。
 
 けが人が続出した今季だが、パ・リーグ2位からクライマックスシリーズ(CS)を制し、そして日本一まであと1勝に迫った。選手たちの勝ちたい気持ちが強さの秘けつと語る指揮官。「日本一になりたい」。強い想いを胸に大一番に臨む。
 
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部