データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ソフトB・バンデンハーク、日本S第6戦に先発 3連勝で敵地へ、勝てば頂点「流れに乗って投げたい」

2018/11/03

text By

タグ: , , , , , , ,



 福岡ソフトバンクホークスと広島東洋カープによる「SMBC日本シリーズ2018」第6戦がきょう3日、マツダスタジアムで行われる。勝てば2年連続日本一が決まるソフトバンクは、第2戦に登板したリック・バンデンハーク投手が先発する。
 
 前回登板は守備の乱れもあり、5回5失点(自責点3)で負け投手となったバンデンハーク。次戦へ向けては特別なことはせず、ルーティーン通りブルペンに入って調整したという。第2戦に続いて敵地・広島での登板となるが、「経験をしているというのはプラス」と自信をのぞかせた。
 
 自身のリベンジ、そしてチームの日本一がかかる一戦に「前回以上に先のことは考えず、1人1人、1球1球いま目の前にいる打者にとにかく集中してアウトを取る」と丁寧な投球を誓った。
 
 福岡で3連勝と勢いに乗るソフトバンク。「うちのチームは普段から勝つこと前提でやっている」と強気の右腕は、「チームとしていい戦いができてる。流れに乗りながらそういうのも大事にしながら投げたい」と登板前の心境を語った。今シリーズチーム内唯一の黒星を喫したバンデンハークは、同じ広島の地で雪辱を果たす。
 
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部