データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ソフトバンク、ホーム連勝で日本S初の白星先行! 上林&デスパ弾、鉄壁継投で広島を圧倒

2018/10/31

text By

タグ: , , , , , , , , ,



「SMBC日本シリーズ2018」第4戦は31日、ヤフオクドームで行われ、福岡ソフトバンクホークスが4-1で広島東洋カープを下し、シリーズ対戦成績を2勝1敗1分けとして今シリーズ初めて白星を先行させた。
 
 シリーズも中盤に差し掛かり、いよいよ白星を先行させたい両者の戦いは、ソフトバンクの東浜巨投手、広島の野村祐輔投手による両先発の投げ合いで2回まで無得点。
 
 先に試合の主導権を握ったのはホームのソフトバンクだった。3回、2死から甲斐拓也捕手が左前安打で出塁すると、続く1番の上林誠知外野手がカウント2-1から真ん中のスライダーを捉え、ライトスタンド中段に突き刺さる先制の2ラン本塁打となった。
 
 追う広島も負けてはいない。先制された直後の3回、2死走者なしの場面で4番の鈴木誠也外野手がカウント1-1から外角高めの速球を叩き、打球はレフトスタンドへ日本シリーズ自身3発目となるソロ本塁打となってすぐさま1点を返す。
 
 しかし、ソフトバンクもその裏、2死走者なしから5番のアルフレド・デスパイネ外野手が内角のシュートを完璧に捉え、レフトスタンドへ特大のソロ本塁打。2回までの静かな立ち上がりから一転、第3戦のように取られては取り返す展開となった。
 
 打撃戦の様相になるかと思いきや、ここから両チームとも投手陣が奮闘。ソフトバンク先発の東浜が5回を3者凡退に抑えれば、広島は先発の野村が1死三塁のピンチを背負ったところで2番手のジョニー・ヘルウェグ投手が四球を1つを与えたものの無失点でしのぐ。
 
 次の1点がどちらに入るか注目される中、ソフトバンクが6回、広島3番手の今村猛投手に対して1死一、三塁のチャンスを作ると、松田に代わって打席に立った長谷川勇也外野手が二遊間の狭い間を抜けていく中前へのタイムリー安打を放って4-1と3点差に広げた。
 
 投げては、5回1失点で試合を作った東浜の後を受けたリリーフ陣がいずれも無失点。リバン・モイネロ投手、武田翔太投手、嘉弥真新也投手が無安打で繋ぐと、9回はクローザーの森唯斗投手が4番・鈴木誠也外野手から始まる攻撃を3者凡退に抑え試合終了。ソフトバンクが4-1で勝利し、2連勝として今シリーズ初めて勝ち星を先行させた。
 
 一方、敗れた広島は、前日4本塁打を含む16安打をマークした打線が5回以降無安打と沈黙。1番から3番までの上位打線も計11打数2安打と振るわないなど、僅差のビハインドを保っていた投手陣を援護できなかった。