データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



広島、惜敗も一挙5点の粘りで次戦に勢い 4番・鈴木誠也が意地の2発「食らいついていけた」

2018/10/31

text By

タグ: , , , , , ,



 広島東洋カープは30日、福岡ソフトバンクホークスとの「SMBC日本シリーズ2018」第3戦に8-9で敗れた。敗れはしたが、鈴木誠也外野手と安部友裕内野手がともに2本塁打、6点ビハインドの8回には一挙5点で1点差に迫る粘りをみせた。
 
 1勝1分で敵地・福岡での第3戦を迎えた広島。この日の打線はソフトバンク先発ミランダ投手の前に5回まで1得点。日本シリーズ打率.556と好調をキープしていた鈴木も、2打席目まで凡退していた。
 
 しかし、1-4の6回先頭で迎えた第3打席、鈴木はミランダが投じた3球目の直球を右翼スタンドへ運んだ。「はなから高めに目付して、それをたたくという意識だった」と狙いを明かした。
 
 さらに6点を追う8回、ここでも4番としての意地を見せた。マウンドに上がったばかりの5番手・加治屋蓮投手から2打席連続となるソロ本塁打を左翼テラスへ放った。このひと振りで火が付いた広島打線は1死満塁から安部のグランドスラムで1点差に追いついた。
 
 反撃はここまでだったが、鈴木は「簡単に相手に勝たせるんではなく、最後まで食らいついていけた」と振り返る。「あそこで負けてたらたぶん相手にもっと勢いがついてしまう」と8回の攻撃の手応えを語った。
 
 惜しくも敗れた広島だが、すさまじい粘りで次戦以降に勢いをつけた。連日、激闘を繰り広げる日本シリーズは、1勝1敗1分。ヤフオクドームでの戦いは、11月1日まで続く。
 
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部