データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日本S初勝利のソフトB、3戦目で初の先制 中村の適時打「いいところに転がった」

2018/10/31

text By

タグ: , , , , ,



 福岡ソフトバンクホークスが30日、広島東洋カープとの「SMBC日本シリーズ2018」第3戦(ヤフオクドーム)に9-8で勝利。シリーズ成績を1勝1敗1分のタイとした。
 
 第1戦から2試合連続で広島に先取点を奪われていたソフトバンク。本拠地戦となったこの日、ようやく今シリーズ初の先制に成功した。
 
 4回1死から連続四球で一、二塁のチャンスを迎えると、6番・中村晃外野手が広島先発の九里亜蓮投手のカットボールを右前への適時打とした。
 
 中村は「球種は頭にあるけど、軌道はなかなかわからない。バッテリーは内野ゴロを打たせたいという意図だったと思うんですけど、いいところに転がってくれた」と先制の打席を振り返る。
 
 ソフトバンク打線はここまで2試合、広島投手陣に苦しめられた。中村自身も2試合で9打数1安打と調子は上がらず。「球に力のあるピッチャーが多い」と印象を語るが、「いいところで打てれば打率はそんなに残らなくてもいいかなと思っているので、チャンスで1本打てたのはよかった」と前向きにコメントした。
 
 どちらも譲らない展開となっている日本シリーズ。先に2勝目を手にするのはどちらか。第4戦はきょう31日、ヤフオクドームで行われる。
 
 取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部