データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ソフトバンク乱打戦制し、日本シリーズ初白星! デスパイネに待望1号3ラン、広島の猛追振り切り辛勝

2018/10/30

text By

タグ: , , , , , , ,



 「SMBC日本シリーズ2018」第3戦は30日、ヤフオクドームで行われ、福岡ソフトバンクホークスが9―8で広島東洋カープに勝利。シリーズ成績を1勝1敗1分のタイとした。
 
 本拠地・福岡での巻き返しを狙うソフトバンク。広島打線の猛追を振り切り、シリーズ初白星を飾った。
 
 試合は3回まで両者無得点。均衡が破れたのは4回裏だった。ソフトバンクが1死からデスパイネ、柳田の連続四球で一、二塁のチャンスをつくると、中村晃が左翼への適時打を放って先制に成功。2死一、二塁で今宮にも適時打が飛び出し、スコアを2-0とした。
 
 広島・安部のソロで1点差にされたが、5回裏に上林、グラシアルの安打などで1死一、三塁の好機を演出。柳田の内野ゴロが敵失を誘い、1点を追加した。続くデスパイネの遊ゴロの間に4点目を挙げ、再び2点をリード。
 
 広島は6回表に4番・鈴木のソロなどで、またも1点差に迫る。しかし、直後の裏にソフトバンク打線が広島3番手・岡田を捉えた。2死から明石、グラシアルの連打、柳田の適時内野安打で1得点。さらにデスパイネが待望のシリーズ1号3ランを放ち、8-3にリードを広げた。
 
 7回裏には先発・甲斐に代わってマスクをかぶった高谷が右中間へのソロ本塁打を放って9点目を挙げた。
 
 6点差で試合が決まったかに思われたが、8回表に広島が驚異の粘りを見せた。4番・鈴木がソフトバンク5番手・加治屋の立ち上がりを捉え、この日2本目の本塁打。四球と2安打で1死満塁のチャンスを迎えると、安部の右翼スタンドへの満塁弾で1点差に迫った。
 
 しかし、広島の反撃はここまで。9回はソフトバンク・森が無失点に抑えて試合を締めた。
 
 両チーム合わせて6本塁打、28安打が飛び出した第3戦は、ソフトバンクが何とか逃げ切った。シリーズ成績は1勝1敗1分。先に2勝目を手にするのはどちらか、第4戦は31日にヤフオクドームで行われる。