データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



広島、快勝で2戦目にして日本S先勝! 先発ジョンソン7回1失点、鈴木が3安打3打点

2018/10/28

text By

タグ: , , , , , , ,



初回いきなり先制、投打かみ合い流れ渡さず

 福岡ソフトバンクホークスと広島東洋カープによる「SMBC日本シリーズ2018」第2戦が28日、マツダスタジアムで行われ、広島が投打がかみ合い5-1で快勝。前日の引き分けを経てシリーズ先勝を果たした。
 
 第1戦が延長12回引き分けとなり、第2戦目にして「1勝目」を狙う第2戦。試合はホームの広島が初回いきなり主導権を握る。
 
 ソフトバンク先発のリック・バンデンハーク投手に対し、先頭の田中広輔内野手が二塁打で出塁すると、その後送りバントなどで2死三塁とチャンスが拡大。ここで4番の鈴木誠也外野手がショートへのタイムリー内野安打を放って1点を先制した。
 
 広島は3回にも丸佳浩外野手の犠飛、松山竜平外野手のタイムリー安打で2点を追加。序盤を3-0で終えると、中盤5回にも1死二、三塁から鈴木がこの日2本目となるタイムリー安打を放って5-0とする。
 
 投げては、先発のクリス・ジョンソン投手が7回103球を投げて被安打4、与四球1、1失点の好投。7回に連打を許して2死一、三塁とピンチを背負い松田宣浩内野手にタイムリー安打を浴びたが、後続を抑えてリードを守り、8回以降をリリーフ陣に託した。
 
 広島は、8回に登板したヘロニモ・フランスア投手が無失点。そして、9回はクローザーの中﨑翔太投手がソフトバンクの4番・柳田悠岐外野手から始まる攻撃を無失点抑え試合終了。広島が先にシリーズ1勝目を挙げた。
 
 一方、敗れたソフトバンクは先発のバンデンハークが5回5失点で降板。打線も川島慶三内野手、今宮、ジュリスベル・グラシアル内野手の1~3番でわずか1安打、トータルでも4安打に終わり、初戦から大幅に変えたが打順が機能しなかった。
 
 あさって30日に行われる第3戦はヤフオクドーム(福岡)に場所を移し、広島は敵地で連勝を、ソフトバンクは本拠地で反撃の1勝を目指す。