データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日本シリーズ第1戦のスタメン発表! ソフトB・千賀、広島・大瀬良が先発マウンドへ

2018/10/27

text By

タグ: , , , , , , ,



ソフトバンクは内川が「6番・一塁」

 SMBC日本シリーズ2018がきょう27日、マツダスタジアムで開幕。パシフィック・リーグ2位ながらクライマックスシリーズを制し、2年連続日本一を狙う福岡ソフトバンクホークスと、セントラル・リーグ3連覇を果たし34年ぶりの日本一を目指す広島東洋カープが激突する。第1戦の試合に先立って、スターティングメンバ―が発表された。
 
 先攻のソフトバンクは、今季13勝を挙げた千賀滉大投手が先発。柳田悠岐外野手が4番に座り、CSファイナルステージから復帰した内川聖一内野手が「6番・ファースト」で出場する。
 
 対する本拠地の大声援を受ける広島は、先発マウンドに今季15勝を挙げ最多勝と最高勝率となった大瀬良大地投手に託した。1、2番はそれぞれ田中広輔内野手、菊池涼介内野手。6番には野間峻祥外野手が名を連ねた。今季限りでの引退を発表している新井貴浩内野手はベンチスタートとなっている。
 
両チームのスターティングメンバ―は次の通り。
 
<ソフトバンク>
 
1番(右)上林誠知
2番(二)明石健志
3番(三)グラシアル
4番(中)柳田悠岐
5番(左)中村晃
6番(一)内川聖一
7番(遊)西田哲朗
8番(捕)甲斐拓也
9番(投)千賀滉大
 
<広島>
 
1番(遊)田中広輔
2番(二)菊池涼介
3番(中)丸佳浩
4番(右)鈴木誠也
5番(一)松山竜平
6番(左)野間峻祥
7番(捕)會澤翼
8番(三)安部友裕
9番(投)大瀬良大地
 
<審判>
球審:笠原
一塁:石山、二塁:本田、三塁:山本貴、左翼:白井、右翼:川口