データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



広島・緒方監督、“日本一のショート”狙う小園に期待大 次世代を見据え「中軸打てる選手に」

2018/10/25

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , ,



 2018年プロ野球ドラフト会議は25日、東京都内で行われ、広島東洋カープが4球団競合の末に報徳学園高・小園海斗内野手(3年)の交渉権を獲得した。緒方孝市監督が喜びを語っている。
 
 走攻守揃った逸材で今夏の甲子園で報徳学園をベスト8に導いた小園は、オリックス、DeNA、ソフトバンク、広島の4球団による競合の結果、広島が交渉権を手にした。
 
 緒方監督は「4球団競合して厳しいかなと思った。ホッとした」とコメント。「次の世代の中心選手。能力は非常に高く、中軸を打てる選手になってほしい」と将来のスター候補としての期待を語った。
 
 また、小園が「日本一のショートになりたい」と話していることについては「高い目標に向かって1日1日頑張ってほしい」とし奮起を促した。現在1軍では田中広輔内野手が活躍しているが、入団となればその他の選手を含めて激しい争いが予想される。
 
 根尾昂内野手(大阪桐蔭)と同じく今ドラフト最多4球団が獲得を狙った小園。セントラル・リーグ3連覇を果たした広島で、さらなる成長と活躍が期待される。