データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



立命館・辰己は外れ1位で4球団が競合。根尾は中日、吉田は日本ハム ドラフト会議12球団の1位指名が確定

2018/10/25

text By

タグ: , , , ,



 2018年プロ野球ドラフト会議が25日、東京都内で行われ、12球団のドラフト1位指名選手が確定した。
 
 大阪桐蔭の根尾昂内野手は4球団競合の末、中日ドラゴンズが交渉権を獲得。根尾と同様4球団が1位指名した報徳学園の小園海斗内野手は広島東洋カープ・緒方孝市監督がくじを引き当てた。
 
 千葉ロッテマリーンズは、3球団が1位指名した大阪桐蔭の藤原恭大外野手との交渉権を獲得した。今夏の甲子園で一躍名を上げた金足農・吉田輝星投手は北海道日本ハムファイターズが外れ1位で単独指名した。
 
 立命館の辰己涼介外野手は、東北楽天ゴールデンイーグルス、福岡ソフトバンクホークス、阪神タイガース、読売ジャイアンツの4球団が外れ1位で指名。楽天が交渉権を獲得した。
 
 12球団の1位指名は以下の通り。
 
阪神:近本光司外野手(大阪ガス)
中日:根尾昂内野手(大阪桐蔭)
DeNA:上茶谷大河投手(東洋大)
巨人:高橋優貴投手(八戸学院大)
ヤクルト:清水昇投手(国学院大)
広島:小園海斗内野手(報徳学園)
 
楽天:辰己涼介外野手(立命館)
ロッテ:藤原恭大外野手(大阪桐蔭)
オリックス:太田椋内野手(天理)
日本ハム:吉田輝星(金足農)
ソフトバンク:甲斐野央投手(東洋大)
西武:松本航投手(日体大)