データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日本ハム・栗山監督、吉田の交渉権獲得に歓喜「力でねじ伏せる先発がいないと優勝しない」

2018/10/25

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , , ,



 2018年プロ野球ドラフト会議は25日、東京都内で行われ、金足農高の吉田輝星投手(3年)は、北海道日本ハムファイターズから外れ1位で指名された。栗山監督が交渉権を獲得し喜びを語っている。
 
 日本ハムが、外れ1位で吉田を指名し交渉権を獲得した。日本ハムの栗山監督は、インタビューでまず「単純に嬉しい。昨日も本当に長い会議をした。どっちにいくか最後の最後まで悩んだ」と心情を吐露。「(吉田は)投手としての才能を高く評価している。これから入団交渉なので、これから誠意を尽くして、あの素晴らしい才能をこの世界で大活躍する場所に」と交渉へ向けての意気込みを語った。
 
 そして指揮官は「クライマックス(シリーズ)もああいう負け方をしたので、ちょっと喜びたいな」と後味苦く終わったシーズンを振り返りながらコメント。続けて「この世界で大エースになると踏んでいっている。今シーズン終わってみて思ったのは、“力でねじ伏せる”先発ピッチャーがいないと優勝しないんだ」と来季を睨みながら吉田獲得を決断したことを明かしている。
 
 過去にはメジャーリーグに渡ったダルビッシュ有投手、大谷翔平投手を育て上げるなど好投手を育てた実績のある日本ハム。最速150キロの速球、そして強靭なスタミナを持つ甲子園準V右腕・吉田をどう育成していくのか期待される。