データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



2戦連発のソフトバンク柳田、CS計9打点でMVP獲得 日本シリーズへ「あと4つ勝つ」

2018/10/21

text By

タグ: , , , , , , , , ,



キューバパワー、チェスト…周りの勢いに乗った!

 福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐外野手が21日、メットライフドームで行われた埼玉西武ライオンズとのパシフィック・リーグ、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦で2試合連続本塁打を放つなど2安打4打点と活躍。チームも6-5で勝利し、シリーズ4勝2敗(西武のアドバンテージ1勝含む)として2年連続の日本シリーズ進出を決めた。
 
 前日に先制2ランなど2安打を放った柳田は初回、西武先発のブライアン・ウルフ投手に対して無死満塁からセンター左へ走者一掃の3点タイムリー二塁打を放ち、2試合連続の先制点を叩き出す。1点差に詰め寄られた直後の6回には、再びウルフから2試合連発となるソロ本塁打を右中間スタンドに放り込み、傾きかけた流れを再びソフトバンクに引き戻した。
 
 柳田の2安打4打点の活躍もあって、ソフトバンクは結局一度もリードを許すことなく6-5で勝利し、2年連続の日本シリーズ進出。ペナントレース2位からの下剋上を果たした。
 
 試合後、クライマックスシリーズMVPに輝き2試合連続のお立ち台に上った柳田は「(MVPは)自分で良いのかなという気持ちだが、皆さんのおかげなので、チームスタッフみんなに還元します」とコメント。「チャンスの時は最低限犠牲フライでも良いという気持ちで行って、走者がいなかった時は本塁打打てればと思っていた」と、その言葉通りの活躍に納得の表情を見せた。
 
 また、クライマックスシリーズでは計9打点と勝負強さを発揮。「チームのために点を取るのが自分の仕事。良い仕事ができた」と主砲として頼もしい一言。そして、前後を打つ打者の活躍にも「キューバパワー。(下位打線は)チェストしてましたね。みんな乗っていると思ったので、自分も勢いに乗らせてもらった」と笑顔を見せていた。
 
 最後に、2年連続の日本シリーズ挑戦とその連覇が懸る戦いに向けてコメントを求められた柳田。「頑張ります。(広島は)強いチーム。ここまで来たらあと4つ勝ちます」と力強くファンへ活躍を誓っていた。