データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



パ覇者の西武、力発揮できずCS敗退 辻監督は悔しさ…ソフトバンクは「中の投手が強い」

2018/10/21

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , , ,



最終戦セレモニーでは「選手は疲労困憊しながらも必死に戦ってくれた」

 パシフィック・リーグ覇者の埼玉西武ライオンズが21日、メットライフドームで行われたクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦で2位・福岡ソフトバンクホークスに5-6で敗れ、シリーズ2勝4敗(西武のアドバンテージ1勝含む)となり10年ぶりの日本シリーズ進出はならなかった。

 パ・リーグ覇者としてクライマックスシリーズに臨んだ西武だったが、本拠地で日本シリーズ進出の夢を断たれた。

 先発のブライアン・ウルフ投手が初回、セーフティバントを決められるなど無死満塁とピンチを背負うと、柳田悠岐外野手に走者一掃の3点タイムリー二塁打を浴び先制を許す苦しい展開。しかし、辻発彦監督は「立ち上がりの難しいところ。いきなり安打を打たれて、セーフティ…3点取られたけど、ウルフはその後は素晴らしかった」と2回以降立て直した投球を労った。

 2-3と詰め寄った5回には、秋山翔吾外野手が内野安打で出塁したが、二塁への盗塁を試み失敗。リクエストでのリプレー検証でも判定は覆らず、指揮官は「どっちか分からなかったら判定通りになる。その間がすごく嫌だった」。その嫌な予感が的中し、直後のソフトバンクの攻撃で柳田にソロ本塁打を浴び追加点を奪われ、流れが再びソフトバンクに傾いた。

 浅村栄斗内野手のソロ本塁打で再び1点差としたが、終盤の8回には5番手で登板したカイル・マーティン投手が上林誠知外野手に2点タイムリー三塁打を浴び、これが結局決勝点となり、5-6での敗戦となった。

 西武打線は8回と9回に1点ずつを返したが、先発の高橋礼投手をはじめ中盤までにソフトバンク投手陣を攻略することができなかったことが最後まで響く形に。辻監督も、ソフトバンクとの差を問われると「中の投手(リリーフ)が強い。本当ににタフ。ここまで投げてきて力がある。うちも改善していかないと」と課題を口にした。

 昨季は同シリーズのファーストステージ敗退で、今季はファイナルステージ敗退。就任2年目で着実に成績は伸びてきている。指揮官は最後に「去年の悔しさを今年晴らして、一つ上のレベルの悔しさを持って来年チーム力を上げていかないと」と今回の悔しさを忘れることなく来季へ臨むことを誓っていた。

 また、試合後にはシーズン最終戦としてセレモニーが行われ、辻監督は「開幕8連勝から一度も首位を譲ることなく優勝したことを誇り思う。選手は疲労困憊しながらも必死に戦ってくれて、一回りも二回りも大きくなった。今年の経験が選手たちにとって大きなパワーとなって、来シーズンに向かっていきたい」と話した。