データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ソフトバンク“下剋上”で2年連続日本S進出! 柳田が2戦連続先制打…西武の猛追振り切る

2018/10/21

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , ,



 パシフィック・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦が21日にメットライフドームで行われ、2位・福岡ソフトバンクホークスがリーグ覇者・埼玉西武ライオンズを破り、シリーズ4勝2敗(西武のアドバンテージ1勝を含む)として2年連続18回目の日本シリーズ進出を決めた。
 
 先に試合の主導権を握ったのはソフトバンク。初回、西武先発のブライアン・ウルフ投手を攻め無死満塁とすると、4番の柳田悠岐外野手がセンター左へ走者一掃の3点タイムリー二塁打を放ち先制に成功した。一方、ソフトバンク先発の高橋礼投手は、3回をパーフェクトと西武に付け入る隙を与えず試合の流れを引き寄せる。
 
 しかし5回、眠っていた西武打線がようやく目を覚ました。2本の安打で無死一、二塁のチャンスを作ると、前日に左手首を負傷した森友哉捕手が右前へタイムリー安打を放って2点差。なおも一、三塁とチャンスは続き、指名打者エルネスト・メヒア内野手の併殺打の間に三塁走者が生還して3-2と1点差に詰め寄った。
 
 その後、秋山翔吾外野手が内野安打で出塁し、二塁への盗塁を試みたがアウトの判定。リクエストによる約10分間のリプレー検証でも判定は変わらず、同点のチャンスが潰えた。
 
 ソフトバンクはこの直後の6回の攻撃で、先頭の柳田がライトスタンドへソロ本塁打を放ち、4-2と再びリードを2点に広げる。それでも、西武も浅村栄斗内野手がソフトバンク2番手のリバン・モイネロ投手からソロ本塁打を放ち4-3。取られては取り返す本塁打の応酬となり、試合は1点差で終盤に入った。
 
 引き離したいソフトバンクは8回、西武5番手のカイル・マーティン投手に対して1死から途中出場の松田宣浩内野手が四球で出塁。その後相手の野選もあって一、二塁とする。ここで代打の内川聖一内野手がセンターへの中直に倒れたが、上林誠知外野手がライトを越える2点タイムリー三塁打を放ち、6-3と初回以来の3点差に広げた。
 
 崖ぷっちに立たされた西武は、8回1死三塁から浅村の内野ゴロの間に1点を返し、9回もソフトバンクの守護神・森唯斗投手に対して中村がソロ本塁打を放って1点差に詰め寄ったが、最後は森が二ゴロに打ち取られ試合終了。ソフトバンクが6-5で勝利し、ペナントレース2位から下剋上を果たして2年連続18回目の日本シリーズ進出を決めた。