データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ソフトバンク、連勝で日本シリーズ進出に王手 先制2ランの柳田「いいスイングできた」

2018/10/20

text By

タグ: , , , , , , , ,



 パシフィック・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦は20日、メットライフドームで行われ、レギュラーシーズン2位・福岡ソフトバンクホークスが8-2でリーグ王者・埼玉西武ライオンズを下した。ソフトバンクは連勝で対戦成績を3勝2敗(西武のアドバンテージ1勝を含む)とし、2年連続の日本シリーズ進出に王手をかけた。
 
 勝てばCS突破まであと1勝となるこの日。ソフトバンクが勝負強さを発揮し、勝ち星をつかんだ。
 
 ソフトバンクは1回表、2死一塁から4番・柳田悠岐外野手が左翼への2ラン本塁打を放って先制。続く2回表には9番・甲斐拓也捕手に左翼への2ランが飛び出し、4-0にリードを広げた。
 
 3回裏、ソフトバンク先発・東浜巨投手は無死一塁から9番・木村文紀外野手に2ランを浴び2点差に。だが後続を3者連続三振に取って、この回をしのいだ。
 
 4回以降は両者無得点が続き、再び試合が動いたのは7回だった。
 
 ソフトバンクは3つの四球と犠打などで2死満塁のチャンスをつくると、5番・指名打者アルフレド・デスパイネ外野手の内野安打で待望の追加点。続く中村晃外野手は押し出し四球を選び、内川聖一内野手が2点適時打を放ってスコアを8-2として試合を決めた。
 
 初戦から第3戦まで先制点を挙げたチームが勝利を掴んでおり、この日も先取点を手にしたソフトバンクに軍配が上がった。先制弾を放った柳田はヒーローインタビューで「力を抜いてかち上げるっていう感じ。いいスイングができたんでホームランになるかなと思った」と自らの今シリーズ1号の手応えを語った。2年連続の日本シリーズへ向け「あと一つ勝てるように頑張ります」と第5戦へ意気込んだ。