データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



西武、11安打13得点でソフトバンクに快勝 栗山がパCS最多タイ6打点に笑み「できすぎ」

2018/10/18

text By

タグ: , , , , , ,



 埼玉西武ライオンズは18日、本拠地メットライフドームで行われた福岡ソフトバンクホークスとのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦に13―5で勝利。対戦成績を2勝1敗(アドバンテージ1勝を含む)とした。
 
 試合は、西武が1回裏に1死一、二塁から栗山の右翼への3ラン本塁打で先制。だが、直後の2回表、ソフトバンクが高田の適時内野安打、甲斐の右前適時打と敵失で同点に追いついた。
 
 3-3で迎えた2回裏、西武は2死一、二塁から源田が勝ち越しの適時打を放った。さらに続く浅村に左翼への3ラン本塁打が飛び出し、リードを広げた。
 
 4点を追うソフトバンクは3回表、3連続四球で1死満塁のチャンスを迎えると、中村の適時二塁打で2点を返した。すると、西武はまたも源田が適時打を放って追加点を挙げた。終盤も着実に点を積み重ね、計11安打13得点を挙げた。
 
 西武の先発・多和田は序盤不安定だったが、4回以降は立ち直って6回に降板するまで無失点。増田、マーティン、ヒースのリレーでリードを守った。
 
 先制弾を放った栗山はこの日パ・リーグCS最多タイの1試合6打点。初回の3ランの感触は完璧だったと振り返り、記録には「できすぎです」と笑みを浮かべた。