データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日本ハム・石井裕が現役引退 3球団で活躍し2度の日本一に貢献「とても感謝しております」

2018/09/22

text By

タグ: , , , , ,



 北海道日本ハムファイターズは21日、石井裕也投手の今季限りでの引退を発表。かつて2度の日本一に貢献した左腕だが、今季は1軍での登板がなかった。
 
 石井は、三菱重工横浜硬式野球クラブから2004年のドラフト6位で中日ドラゴンズに入団。1年目の4月13日の広島東洋カープ戦で初登板を果たすと、その後中日での3年間で7勝をマーク。2008年からは2年間横浜ベイスターズで活躍し、2010年にはトレードで現在の日本ハムに移籍した。日本ハムでは9年間で計215試合に登板し10勝。中日、日本ハムで2度ずつ日本シリーズに出場し、それぞれ1度ずつ日本一に輝いている。昨季は8試合の登板で防御率9.00、今季は未だ1軍での登板はない。
 
 先天性の難聴を持ちながら14年間のプロ生活を過ごした石井は、球団を通じ「14年間、プロ野球選手として続けてこられた事にとても感謝しております。最初に入団した中日ドラゴンズでは、落合博満監督をはじめ森繁和コーチや、その他たくさんの方々に厳しい練習の中で、強い精神力や忍耐力を教わりました。その後ベイスターズを経て、ファイターズに来てからは、まず何と言ってもファンの皆様の温かさに感激しました。皆様の応援は本当にいつも僕の力になっていました。そして、栗山英樹監督には、厳しい場面でも、信頼して使ってもらった事に感謝しています。たくさんの仲間に恵まれて、ファイターズの選手でいられてとても幸せでした。14年間、本当にありがとうございました」とコメントした。