データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ロッテ、新座席の年間席価格を発表「選手の白熱プレーをより間近に観戦可能」

2018/09/14

text By

photo

千葉ロッテマリーンズ

タグ: , , , ,



 千葉ロッテマリーンズは14日、2019年シーズンから設置する新座席の年間席価格を発表した。
 
 ダグアウトにいる選手との一体感を味わえる「ダグアウトボックス」(5人席:一、三塁に計100席)は法人限定で販売し、250万円。グラウンドレベルの目線で観戦できる「サブマリン・シート」(一、三塁に計344席)は、最前列ペア2席での販売で84万円。2列目以降は1席から販売し、1席37万円となる。座席はテーブル付き。
 
 外野席初となるグラウンドにせり出した観客席「ホームラン」(右翼、左翼に計302席)は、1人席20万円、4人席80万円、6人席120万円となる。足元はグラウンドと同じ人工芝が敷かれており、全席テーブル付きとなる。資料請求は15日から球団公式ホームページで受け付ける。
 
 新座席の設置作業は11月から開始。2019年2月末に完了し、3月のオープン戦から使用する予定。一般席販売分の価格は決まり次第、発表される。
 
 シーズンシート担当者は「いずれもこれまで踏み入れる事のできなかったグラウンドレベルに隣接し、選手の白熱プレーをより間近に、ダイナミックに観戦可能となりました。この機会にぜひお買い求めいただければと考えております」とコメントしている。