データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



パは、大谷翔平(日本ハム)、セは橋本到(巨人) 【BBC編集部が選ぶ、NPB週間MVP第3週(4/13-4/19)】

日々データ系のコラムを配信しているベースボールチャンネルでは、今季開幕から毎週セ・パ両リーグ、投打のMVPを独自にあげていく。数値からはすべてとは言えないが、現在のチーム状況が見えてくる。また今後の展望にも、ぜひ参考にしていただければうれしい。原則として月曜日に発表する。2カード6試合ごとで今回は、4月13日から19日までの集計とする。

2015/04/20

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



日本ハムの大谷が唯一の完封勝利

 今度は投手陣だ。
 PR(Pitching Run)順。リーグの平均防御率よりどれだけ傑出しているかを見る指標となる。

 野手同様にパリーグから見てみる。

広尾様0420表4

 今週、唯一の完封を記録した大谷翔平がPR1位。同僚の吉川も7回零封で1勝を挙げている。
 奪三振は、オリックスのディクソンが9で最多。救援投手は、ソフトバンクのサファテが4登板4セーブで失点なしと安定している。ホールドは同じくソフトバンクのバリオスが4ホールドでこちらも無失点だ。

チーム失点の少ないヤクルトを支える投手陣

 続いてセリーグだ。

広尾様0420表5

 ヤクルトの小川が9回1死まで零封。小川の他にも規定投球回数以上で防御率0.00が6人おり、投高打低が続いている。
 中日のバルデスは、唯一週間2度先発した。14回を投げて自責点2、奪三振は13で最多を記録した。
 救援投手は巨人澤村、ヤクルトのバーネット、阪神の呉が2セーブ、阪神福原が4ホールドを挙げている。

 投手のMVPは、パリーグは先発投手、唯一の完封投手の日本ハム大谷翔平とする。救援投手は4試合無失点で4セーブのソフトバンクのサファテにしたい。

 セリーグ、先発投手はヤクルトの小川としよう。小川は1週目に続いて2回目の選出だ。救援投手は4ホールドの阪神、福原とする。

 今週のパリーグの投打の総合MVPは、圧倒的な投手力を見せつけた日本ハムの大谷翔平、セリーグは巨人好調の原動力となった橋本到とする。

広尾様0420表6

ベースボールチャンネルのフェイスブックはこちら→
ベースボールチャンネルのツイッターはこちら→

1 2