データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



“切り札”では終わらない! 来日デスパイネを脅かすベテラン福浦の存在感【ほぼ週刊マリーンズ#1】

勝率5割で迎えた4月9日の対バファローズ3回戦。手痛いサヨナラ負けで3連戦のアタマを落として、ズルズル行きそうだった悪い流れを断ちきったのは、この日が今季初スタメンだった福浦和也が放った2発の豪快ホームラン! 惜敗した11日のライオンズ戦でも、スタメンで先制タイムリーを放つなど、“切り札”に甘んじてきた大ベテランの活躍が、沈滞気味だったチームに喝を入れる!! 

2015/04/11

text By

タグ: , , ,



ライバルは、至宝デスパイネ DH争いに食い込めるか!?

 もっとも、2000本を目指す福浦を取り巻く状況が、いぜんとして厳しいことには変わりはない。

 本来の守備位置であるファーストには井口資仁が、DHには、これを書いている今日まさに、来日の報が伝えられたデスパイネがいるとなれば、彼に求められるのは、やはりスーパーサブ的な役割が妥当な線。ここ3年間の安打数が、いずれも50本未満であることを考えても、そこには容易ならざる険しい道が待っている。

 ただ、チーム全体としてのバランスという意味では、井口、デスパイネが不調でも、福浦がいるという安心感が、これ以上ないほど大きなプラス要素であるのは間違いない。

 井口は井口で、“春イグチ”と渾名されるほどに夏以降に不安を抱えているし、デスパイネにしたって期待感は天井知らずなものの、本領を発揮できるかはまだ未知数。好調な福浦に4打席打たせてあげられない、というのは伊東監督としても(もちろん、ファンからしても)悩ましいところではあるだろうが、今後の状況次第は、福浦の存在感がさらに増す可能性も大いにあるだけに、ふたたびの“大仕事”にもぜひ期待したいところだ。

 今日、明日のライオンズ戦で、対戦カードも一回り。週明けの14日からは、首位を快走するファイターズの本拠地・札幌で、デスパイネを加えた“本来の”打線での戦いが幕を開ける。

 まったくもってピリッとしないまま2軍落ちとなった藤岡貴裕や唐川侑己をはじめ、投手陣に関しては当初の目論みが早くも崩れつつあるとあって、頼みの綱はやはり打線のつながり。レギュラー野手陣に“定位置”への安住を許さない、福浦という名のプレッシャーが、チームに好循環をもたらしてくれると信じたい。

ベースボールチャンネルのフェイスブックはこちら→
ベースボールチャンネルのツイッターはこちら→

1 2


  • 記者募集