データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ハマの主砲・筒香が見せた打撃練習の意味――ドラ1ルーキー安田に授けた金言【マリーンズ浦和ファーム通信#46】

6月12日にZOZOマリンスタジアムで行われた横浜DeNA戦の試合前。マリーンズのドラフト1位ルーキー・安田尚憲は、ベイスターズの主砲・筒香嘉智の打撃練習を見学する機会に恵まれた。

2018/07/06

text By

photo

千葉ロッテマリーンズ

タグ: , , , , , , ,



当時大村コーチと取り組んでいた練習を披露

 前から決めていた事だった。6月12日にZOZOマリンスタジアムで行われた横浜DeNA戦の試合前。横浜の打撃練習を見つめる若者がいた。視線の先にいるのは日本を代表する左打者・筒香嘉智外野手。その一挙手一投足を観察していたのは同じ左打者でマリーンズのドラフト1位ルーキー・安田尚憲内野手だった。
 
「参考になるイメージと刺激が必要だと思っていた。だいぶ前に日程をチェックして6月に親子ゲームがあって、一軍の相手は横浜だと分かっていた。だから、ここは絶対に筒香の練習風景を見学をさせようと思っていたんだ。真剣に見つめていたね」
 
 嬉しそうに話をするのは大村巌二軍打撃コーチ。デーゲームで行われた二軍(イースタンリーグ埼玉西武戦)の試合出場後に、そのまま球場に残りナイターで行われる一軍戦の試合前練習を見学することを安田ら若手選手に提案した。
 
「一流には一流同士だからこそわかる感覚がある。だからボクは昔から若い選手に一流選手の練習を見せるキッカケを作ったり、直接会って話をしてもらう機会を大事にしてきたんだよね」
 
 思えば横浜DeNA打撃コーチ時代も同じだった。まだ実績を積み重ねる前の筒香に当時ファイターズにいた糸井嘉男外野手の練習を見せ、紹介した。そしてファイターズでコーチを務めていた時には糸井にマリーンズ時代のチームメートである福浦和也内野手とサブロー外野手を紹介した。それは練習を見せ、簡単な会話を交わしただけだったかもしれない。それでもお互いに理解し合えるなにかがありヒントが散りばめられており、それがキッカケで明らかになにかが変わっていった。だから、今回も将来有望な若者に横浜の主砲の打撃練習をどうしても生で見学させたかった。
 
「多分だけど」と前置きをしながら大村打撃コーチはクスクスと笑いながら続けた。
 
「筒香はボクに気を使ってくれたと思う。昔、一緒にやっていた練習を打撃練習中に実践してくれていた。『キミが今、コーチと取り組んでいる練習をオレもやっていたよ』と安田にメッセージを送ってくれたのではないかなと思うんだ」
 
 それはフリー打撃前の入念なティー打撃だった。片手で打つ。引っ張る事を意識して打つ。ボールの下を叩くように打つ。ボールを打ち上げるように打つ。ティーにボールを置いて打つ単調な練習の繰り返しを筒香は入念に行いフリー打撃に向かった。その光景を若者は目を輝かせながら見つめた。
 
「フリー打撃前にあれだけ入念にスイングの確認をしているのかと驚きました。大村打撃コーチにも言われていたことで、ティー打撃の徹底はプロ入り後、ずっと取り組んでいる事でもあったので、実際に日本球界のトップ選手から同じことをやっているのを見て、自分がやっていることは間違っていないのだと再確認することが出来ました」
 
 後日、安田は周囲にそう話をしていた。それ以降、試合前後に地道なティー打撃を繰り返す姿があった。その光景を少しばかり遠くから大村コーチはニンマリとした表情で見つめていた。

1 2