データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



侍ジャパン、連夜の完封リレーで豪代表に連勝 先発則本が2回5奪三振

2018/03/04

text By

photo

Getty Images

タグ: , , ,



 野球日本代表「侍ジャパン」は4日、京セラドーム大阪で開催された「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」でオーストラリア代表と対戦し、2日連続でオーストラリア代表を完封。6-0で連勝を飾った。

 前日は接戦の末に2-0でオーストラリア代表を下した侍ジャパン。この日は初回から上林の適時内野安打で先制点を挙げると、2回には秋山の適時打で追加点。さらに、無死二三塁として松本の右直で三塁走者の今宮がタッチアップ。判定は本塁でアウトとなったが、稲葉監督がリクエストを要求すると、判定が覆り、侍ジャパンは3点目を挙げた。

 一方、侍ジャパンの先発投手は則本。2回はピンチを迎えるも、三者連続三振でオーストラリア打線を抑え、2回5奪三振無失点でマウンドを降りる。2番手としてマウンドに上がった田口も3回裏の攻撃を無失点に抑えると、4回表に侍ジャパンは松本の中前適時打でリードを広げる。

 5回からは堀がマウンドに上がり無失点。侍ジャパンは6回に2点を加え、リードを6点にすると、7回は高梨、8回は石崎が無失点に抑える。

 6-0と侍ジャパンがリードした9回裏は松井が登板。先頭打者に右中間フェンス直撃の二塁打を浴びるも、後続をしっかりと抑え、侍ジャパンが6-0で勝利した。

 侍ジャパンは2夜連続でオーストラリア代表に勝利。投手陣が相手打線を寄せ付けずに、連夜の完封リレーを飾った。2年後の東京五輪での金メダルに向けて順調なスタートだ。