データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



『俺、かっこよかったな』。古田氏から4盗塁、守備の美技…松井稼頭央が語る最高の瞬間【球界男前列伝】

いつの時代でも、プロ野球のグランドには男前がいる。その姿、そのプレー、その言葉…老若男女を魅了する彼らは、どのような信念を持っているのか。第2回は“史上最高の遊撃手”、松井稼頭央選手。(取材・文:海老沢純一)

2018/02/28

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , ,



「ファンの方に選んでいただいた。やっぱり魅せたい」

 小坂誠、宮本慎也、井端弘和…。芸術的なグラブさばきによって、守備の名手と言われた遊撃手は確かに存在する。
 
 しかし、松井稼頭央の遊撃守備は一線を画す存在感を放っていた。
 
 「守備では、魅せたいなっていう思いはありましたね」
 
 その言葉通り、俊足を生かした広大な守備範囲、投手ならば150キロは超えていたと言われる抜群の強肩を武器に、華麗なフィールディングでスタンドを沸かせた。
 
 本人は「自分では一生懸命やってるんですよ。でも、周りから見たら軽いって言われることもありましたけど(笑)」と苦笑いを見せたが、打撃だけでなく守備でも魅了する姿は、やはりかっこいい。
 
 「堅実なのも当然大事ですけど、本当に上手い人に対して僕では太刀打ちできないんで。どこなら勝負できるかというところで、肩を生かしたり足を生かしたりしました」
 
 そして、打撃・走塁・守備と全てのプレーの中で、『俺、かっこよかったな』と感じたシーンについて問うと、
 
 「オールスターに出たときですね。ランナー三塁やったかな。で、江藤さんが打った三塁線のヒットを、片岡さんが何とかグローブに当てて、ファウルエリアに弾いたんです。僕は前進守備をしていたんですけど、それを回り込んで捕って投げたんです」と答えた。
 
 松井稼頭央は、オールスターについて「ファンの方に選んでいただいたわけですから、やっぱり魅せたいじゃないですか」と語った上で、「4盗塁した時もかな。(かっこいいと思ったのは)その2回くらいですね」と振り返った。
 
 “オールスターで4盗塁”。しかも、相手は古田敦也氏。強肩と高い送球技術によってシーズン盗塁阻止率.644という日本記録を持つ、歴代最高クラスの捕手だ。

1 2