データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



西武・十亀、右のローテ1番手への自負 気迫の342球投げ込み

2018/02/14

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , ,



 埼玉西武ライオンズの十亀剣投手は13日、宮崎・南郷での春季キャンプで、342球を投げ込んだ。
 
 昨季11勝を挙げた野上亮磨投手が巨人に移籍し、右のローテ1番手の期待がかかる十亀。「今まで球数を投げてないので、一回体を張らせる意味でも投げた」という右腕だが、前日に野上が約400球を投げたと報じられ、対抗心もあったようだ。
 
 シーズン中は1試合でマウンドやブルペンなどを含め200球以上投げるため、「300球以上投げることで、完投した時に(感覚を)思いかえす引き出しになる」と充実感をにじませた。
 
 「僕自身の成績がチームに直結する」と責任感を口にした十亀。「万全の状態で開幕を迎えられるようにしたい」と意気込んだ。