データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【球界男前列伝〜男が惚れる男たち】三浦大輔インタビュー<前編>横浜一筋25年「後悔なんて全くない」

いつの時代でも、プロ野球のグランドには男前がいる。その姿、そのプレー、その言葉…老若男女を魅了する彼らは、どのような信念を持っているのか。第1回は“ハマの番長”三浦大輔氏に話を聞いた。(取材・文:海老沢純一)

2018/01/29

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , ,



「野球選手かっこいいな。カッコよくないとだめだなと」

 「グラウンドに出てくるプロ野球選手ってかっこいいですもん」
 
 男が惚れる男。三浦大輔氏は、マウンドでは巧みな投球術で勝ち星を積み上げ、グラウンド外ではポマードを光らせたリーゼントスタイルで、野球ファンのみならず、日本男児の憧れの存在となった。
 
 自らが憧れた“かっこいいプロ野球選手”の代表格ともなった三浦氏だが、本人は「自分で自分をかっこいいなと思ったことはないですよ」と語った。
 
 「もちろん、かっこよくはなりたいと思ってましたよ。僕がプロ野球選手にあこがれたのもそうですし、野球選手かっこいいなって思ったところからスタートしてますから。カッコよくないとだめだなと。子供たちもそういうのを見て野球を始めたりとか、プロ野球を観に行くようになると思うんで」
 
 “少年の憧れ”。子どものなりたい職業で常に上位に位置するプロ野球選手は、いつの時代でもそういう存在であり続けている。三浦氏も、少年時代はその1人だった。
 
 「子供の頃、甲子園のナイターよく見に行ったんですけど、球場に入ってコンコースからスタンドに上がってきて、ユニホームを着ている選手を見ると、みんなかっこ良かったですよ。投げればボールも速いし、打ったらあれだけ遠く飛ばせるんだ、守備でもああいうボールに飛びつくんだとか、アウトにできるんだとか全てがかっこよかったですよね」

1 2 3