データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





オリックス、前マリナーズの左腕・アルバースを獲得 今季は9登板で5勝をマーク

2017/12/22

text By

photo

Getty Images

タグ: , , ,



 オリックス・バファローズは21日、新外国人のアンドリュー・アルバース投手を獲得したことを発表した。背番号は「27」となる。
 
 2008年のドラフト10巡目(全体315位)でサンディエゴ・パドレスから指名されてプロ入りを果たしたアルバースは、2009年にトミー・ジョン手術を受けてシーズンを全休。同年限りで自由契約となり、2010年はカナダの独立リーグでプレー。
 
 その後、2011年にミネソタ・ツインズとマイナー契約を結び、2013年にはメジャーデビューを果たした。2014年には韓国球界でプレーするなど経験豊富で、今季はマリナーズで9試合に登板(6先発)し5勝1敗1セーブ、防御率3.51という成績を残していた。
 
 今年の開幕前に行われた第4回WBCではカナダ代表に選出され、読売ジャイアンツのスコット・マシソン投手らと共闘した。
 
 アルバースは変化球を中心とした技巧派投手で、NPBでも先発としての活躍が期待される。

スポンサードリンク