データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





書籍『ドライチ』発売記念、12月13日に田崎健太さん×前田幸長さんトーク&サイン会

2017/12/13

text By

タグ: , , ,



 プロ野球団から「ドラフト1位」の指名を受けて入団した選手の野球人生をクローズアップした書籍『ドライチ』の発売を記念し、12月13日にLOFT9 Shibuyaで著者・田崎健太さんと元プロ野球選手・前田幸長さんのトーク&サイン会を開催する。
 
 プロ野球生活をロッテオリオンズでスタートし、中日・巨人では日本一に貢献した前田さん。自らのドラフト指名にまつわるエピソードやプロ野球という世界の裏側について、田崎さんと作家で熱狂的中日ファンのカルロス矢吹さんと語る。
 
【概要】
 
出演:田崎健太(ノンフィクション作家)
   前田幸長(元・プロ野球選手/ロッテ~中日~巨人)
   カルロス矢吹(作家)ほか
 
日時:12月13日午後7時半~(開場は午後6時半)
 
場所:LOFT9 Shibuya(東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS1F)
 
チケット:前売り2500円/当日3000円(税込み・要1オーダー500円以上)
 
イベント詳細は下記ホームページまで。
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/76811
 
<出演者>
■田崎健太(たざき けんた)
1968年3月13日、京都市生まれ。ノンフィクション作家。早稲田大学法学部卒業後、小学館に入社。『週刊ポスト』編集部などを経て、1999年末に退社。スポーツを中心に人物ノンフィクションを手掛け、各メディアで幅広く活躍する。著書に『W杯に群がる男たち―巨大サッカービジネスの闇―』(新潮文庫)、『偶然完全 勝新太郎伝』(講談社)、『維新漂流 中田宏は何を見たのか』(集英社インターナショナル)、『ザ・キングファーザー』(カンゼン)、『球童 伊良部秀輝伝』(講談社 ミズノスポーツライター賞優秀賞)、『真説・長州力 1951-2015』(集英社インターナショナル)『電通とFIFA サッカーに群がる男たち』(光文社新書)など。
 
■前田幸長(まえだ・ゆきなが)
1970年8月26日、福岡県出身。福岡第一高3年時にエースとして春夏甲子園に出場。夏の甲子園では広島商業に敗れ準優勝に終わるも、一躍時の人となり人気を集める。88年のドラフト会議でロッテオリオンズから1位指名を受け入団。高卒1年目で2勝をマーク。90年代前半、ロッテの先発ローテーションの一角を担った。95年オフにトレードで中日ドラゴンズへ移籍。98年の中継ぎへの転向が功を奏し、99年セリーグ優勝に貢献。2001年オフに読売ジャイアンツへ移籍すると、1年目から貴重な中継ぎとして存在感を発揮、日本一に輝いた。08年テキサス・レンジャーズとマイナー契約。3Aオクラホマで36試合に登板するもメジャー昇格は果たせず、同年12月に現役引退。引退後は野球解説者、タレントとして活躍するだけでなく、現在は都筑中央ボーイズ(中学生・小学生)を設立し、少年野球の普及と発展に尽力。
 
 
【書籍紹介】
『ドライチ』 田崎健太著

甲子園フィーバー、メディア過熱報道、即戦力としての重圧……
僕はなぜプロで”通用しなかった”のか
僕はなぜプロで”通用した”のか
ドラ1戦士が明かす、プロ野球人生『選択の明暗』
 
<収録選手>
CASE1 辻内崇伸(05年高校生ドラフト1巡目 読売ジャイアンツ)
CASE2 多田野数人(07年大学生・社会人ドラフト1位 北海道日本ハムファイターズ)
CASE3 的場寛一(99年ドラフト1位 阪神タイガース)
CASE4 古木克明(98年ドラフト1位 横浜ベイスターズ)
CASE5 大越基(92年ドラフト1位 福岡ダイエーホークス)
CASE6 元木大介(90年ドラフト1位 読売ジャイアンツ)
CASE7 前田幸長(88年ドラフト1位 ロッテオリオンズ)
CASE8 荒木大輔(82年ドラフト1位 ヤクルトスワローズ)
 
ドラ1の宿命、自分の扱いは『異常だった』(辻内崇伸)
笑顔なき記者会見「なんでロッテなんだ、西武は何をやっているんだ」(前田幸長)
好きな球団で野球をやることが両親への恩返し。その思いを貫きたかった(元木大介)
困惑のドラ1指名。「プロ野球選手だったという感覚は全くない」(大越基)
ぼくは出過ぎた杭になれなかった。実力がなかった(的場寛一)
自分が1位指名されたときは涙なんか出ませんでしたよ(多田野数人)
頑張れって球場とかで言われますよね。これが皮肉に聞こえてくるんです(古木克明)
指名された時、プロへ行く気はなかった。0パーセントです(荒木大輔)

スポンサードリンク