データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



菊池雄星、完封で西武がファイナル王手 則本がまさかの4回7失点炎上 楽天は菊池に今季9連敗

2017/10/14

text By

タグ: , , , , ,



○西武 10—0 楽天●
(パCSファーストステージ、14日、メットライフドーム)
 
 今季、楽天戦に8試合登板し、8勝0敗と相性の良い西武・菊池雄星投手が快投。西武が楽天を10-0で破り、パ・リーグクライマックスシリーズのファーストステージで先勝した。
 
 初回に1死から源田が死球で出塁すると、続く浅村が内角の直球を振り抜き左翼スタンドへ先制2ラン。則本から西武が先制する。
  
 楽天との相性が滅法良い菊池は初回、2回と先頭打者を出すも無失点。3回はこの日初の三者凡退で楽天打線を封じる。
 
 すると、西武は3回に1死満塁から中村が犠飛、続く炭谷が2点適時二塁打、金子侑が四球で出塁して、秋山が適時打でこの回4点を獲得する。さらにルーキーの源田がプレーオフ初安打となる中前適時打を放ち、打者9人でこの回5点を獲得した。
 
 則本は4回、7安打、1三振、5四球、7失点で降板。2番手の青山からも西武は中村の3ランで突き放し、試合を決める。
 
 菊池は最後まで投げ抜き、9回、5安打、1四球、9三振、無失点の完璧な投球で、西武が10-0と完勝。クライマックスシリーズ初戦を勝ち、ファイナルステージ進出へ王手とした。