データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





日本ハム・大谷、4番・投手で先発し今季初完封&2桁奪三振!打っても1安打で先制の口火切る

2017/10/04

text By

タグ: , , , , , , ,



 北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手は、4日に本拠地・札幌ドームで行われた今季の本拠地最終戦に4番・投手として先発出場。投げては今季初完封、打っては先制の口火を切る安打を放つ大活躍を見せ、本拠地最終戦を最高の形で締めくくった。
 
 第1打席は二死2塁というチャンスで迎えたが一ゴロに倒れる。しかし、第2打席では一死から中前安打を放ち出塁。日本ハムはこの大谷の安打を皮切りに満塁のチャンスを作ると、大田の走者一掃の適時二塁打で3点を先制した。
 
 第3打席・第4打席は快音が出なかった大谷だったが、投げては、5回無死にマレーロに安打を浴びるまでパーフェクトピッチング。
 
 5回以降は制球を乱す場面が見られ、毎回のように走者を背負ったが、ピンチでギアを上げて後続に適時打を許さない力投を見せた。9回も2四球でピンチを背負ったが、最後は代打・杉本を併殺に打ち取り試合を締めた。
 
 大谷は124球で9回を投げ切り、2安打・10奪三振・5四球・無失点という内容で今季3勝目、初完封をマークした。また、2桁奪三振も今季初となった。
 
 対戦相手の金子千尋も8回を117球で9安打・7奪三振・無四球・3失点と力投を見せたが、大谷に軍配が上がることとなった。

スポンサードリンク