データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





阪神が5点差大逆転で連敗ストップ!上本決勝打、救援陣5人が5回以降を無安打リレー

2017/09/21

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



〇阪神7-5広島●(21日・マツダスタジアム)
 
 5点差を跳ね返した阪神が広島を降し、連敗を3で止めた。
 
 初回、阪神先発の能見は田中・丸に安打を浴び一死1・2塁のピンチを招くと、松山に3ランを浴びいきなり3失点。そして、後続の新井に四球を与えると、今度はバティスタに2ランを浴び5点目を失い、能見とチームにとって悪夢の立ち上がりとなった。
 
 対する広島先発は10勝目を狙う大瀬良。2回は併殺でチャンスを潰した阪神だったが、3回に再びチャンスを作り、上本の適時打で1点を返した。
 
 4回・5回は安打を放てなかった阪神だが、6回に打線がつながった。6回、阪神は福留・鳥谷の安打で一死1・2塁のチャンスを作ると、大和の適時打で2点目を返す。梅野は中飛に倒れ二死となったが、その後代打・伊藤隼、俊介が2者連続で適時打を放ち1点差に迫る。
 
 そして、上本が四球を選びチャンスを満塁に広げると、糸井の放った打球を一塁手・メヒアが後逸。その間に阪神は1点を加え、遂に試合を振り出しに戻した。
 
 先発の能見は4回5失点で降板となったが、ここから阪神自慢のリリーフ陣が快投を見せた。5回を岩崎、6回を藤川、7回を桑原が全員1回を無安打・2奪三振の無失点に抑え味方に流れを呼び込むと、8回に打線が奮起した。
 
 8回、阪神は広島3番手・中田から代打・江越の四球と俊介の安打、盗塁で一死2・3塁のチャンスを作ると、3回に反撃の狼煙を上げる一打を放った上本が今度は左前に2点適時打を放ち、遂に勝ち越しに成功した。
 
 2点のリードを奪った阪神は8回をマテオ、9回をドリスが無失点に抑え試合を締めた。5回以降は5人の継投で広島打線を無安打に抑え、逆転を呼び込み連敗ストップとなった。
 
 敗れた広島は初回に奪った5点のリードを守り切れず、投手陣に不安を残す敗戦となった。

スポンサードリンク