データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





阪神と巨人の一戦は引き分けに…。阪神は甲子園の地で広島の本拠地V阻止

2017/09/14

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



阪神2-2巨人(14日・甲子園)
 
 阪神と巨人の一戦は、9回の土壇場で巨人が同点に追いつき、その後は両軍決め手を欠き引き分けに終わった。また、広島はDeNAに勝利していたため阪神が敗北すれば優勝が確定したが、阪神が引き分けに終わったため優勝はお預けとなった。
 
 阪神・秋山、巨人・菅野の先発で始まった試合は投手戦の様相を呈した。初回、先発の秋山は陽を遊ゴロ、マギーを中飛、坂本を遊ゴロに打ち取る素晴らしい立ち上がりを見せると、その裏の攻撃で打線が菅野の立ち上がりを攻めた。
 
 1回裏、阪神は一死から上本・糸井の連打、福留の空振り三振時に糸井が盗塁を決め二死2・3塁のチャンスを作ると、ルーキー・大山が左前に適時打を放ち、難敵・菅野から2点を先制した。
 
 その後、両軍得点は入らなかったが、今季ブレークを遂げた秋山にはこの2点で十分だった。今日の秋山は制球力を打たせて取る投球が冴え、4回一死まで安打を許さず、味方の好守にも盛り立てられピンチもしっかりと凌いだ。
 
 秋山は6回を74球で4安打・1奪三振・無四球・無失点と余力を残して降板となった。その後、7回を高橋が無失点に抑えたが、ここから阪神の勝ち継投が崩れた。
 
 8回に桑原が代打攻勢で1点を失い、阪神は1点差に迫られる。そして、9回は守護神・ドリスが一死から阿部に二塁打を浴びてピンチを招くと、二死1・2塁から長野に同点適時打を浴び、試合を振り出しに戻されてしまった。
 
 その後、巨人はマテオ、石崎の前に無安打で12回まで無得点と拙攻が目立ったが、一方の阪神は毎回のようにサヨナラのチャンスを作る。しかし、あと1本が出ず試合は延長12回規定により引き分けに終わった。

スポンサードリンク