データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





DeNAが広島の連勝止めた!ウィーランド6回1失点で8勝目、倉本決勝打で連敗ストップ

2017/09/12

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



〇DeNA3-1広島●(12日・マツダスタジアム)
 
 投打のかみ合ったDeNAが連敗を4で止めた。
 
 DeNA・ウィーランド、広島・野村の先発でプレイボール。試合はDeNAが序盤にリードを奪い主導権を握った。
 
 2回、DeNAは先頭のロペスが三塁手・西川の失策で出塁すると、宮崎・梶谷が連打を放ち無死満塁のチャンスを作る。そして、嶺井の押し出し死球、倉本の2点適時二塁打でこの回3点を先制した。
 
 その後、DeNA打線は得点を奪えなかったが、助っ人右腕には3点のリードで十分だった。
 
 ウィーランドは強力広島打線に対し度々走者を背負ったが、要所をしっかりと締める投球で失点は6回に浴びたソロ本塁打による1点のみ。6回を110球で5安打・8奪三振・2四球・1失点と試合を作り降板となった。
 
 その後は田中健・エスコバー・山崎康とつなぎ、広島打線の反撃を封じ切った。先発のウィーランドは今季8勝目、9回に登板した山崎は23セーブ目を手にした。
 
 敗れた広島は野村が5回3失点と相手にリードを献上してしまい、打線もDeNA投手陣の前にあと1本が出ず連勝は9でストップとなった。

スポンサードリンク