データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





日本ハム・大谷が復活の今季初勝利!5回2/3を零封、2回には今季最速163キロも

2017/09/12

text By

タグ: , , , , , , , ,



〇日本ハム7-0楽天●(12日・札幌ドーム)
 
 投打のかみ合った日本ハムが楽天に大勝し、先発の大谷翔平は今季初勝利を手にした。
 
 前回登板となる8月31日のソフトバンク戦では4回途中4失点と試合を作れなかった大谷だったが、今日は多くのファンやメジャー関係者が見守る中、立ち上がりから安定した投球を見せた。
 
 大谷は初回を三者凡退で切り抜けると、2回・3回には得点圏に走者を背負うも無失点と要所を締める。そして、4回にはペゲーロ・アマダー・ウィーラーの助っ人トリオを三者凡退に抑え、5回も二死から四球を与えるも無失点。
 
 そして、6回に藤田・銀次を連続で中飛に打ち取ったところで大谷は降板となった。5回2/3を78球・1安打・4奪三振・3四球・無失点という内容だった。
 
 大谷の好投に応え、打線も楽天投手陣を攻略。4回、日本ハムは大田の二塁打・レアードの四球でチャンスを作ると、5番起用の横尾が3ランを放ち、3点を先制。
 
 5回には、一死から石井一が二塁打で出塁すると、西川が右中間スタンドへ2ランを放ち5点目を奪う。そして、6回には渡邉の適時三塁打・清水の犠飛で2点を加え、楽天を突き放した。
 
 大谷の降板後は、宮西・白村・公文・井口とつないで完封リレー。投打で楽天を圧倒し先発の大谷は嬉しい今季初勝利を手にした。
 
 敗れた楽天は、投打に振るわなかった。

スポンサードリンク