データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





侍ジャパン稲葉監督、11月の初陣に意欲! 代表メンバーは「勝利第一の人選」

2017/09/11

text By

タグ: , , , , , , , , , , , ,



 日本野球機構(NPB)などは11日、「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」(11月16日・東京)の大会概要を発表した。稲葉篤紀監督が率いる野球日本代表「侍ジャパン」トップチームの初陣となる。
 
 大会は、NPB、韓国野球委員会(KBO)、中華職業棒球大聯盟(CPBL)が主催。今大会が第1回目で、アジアの野球界の発展を目的とする。4年ごとの開催を計画し、日本、台湾、韓国の3チームが対決する。
 
 選手の参加資格は、24歳以下もしくは入団3年目未満が条件で、オーバーエイジ枠は3人となる。
 
 稲葉監督は代表メンバーの選考について、「2020年の東京五輪の金メダル獲得が目標」とした上で、「勝利を第一にした人選。将来的な視野を持ちながら考えていく必要がある」と話した。
 
 この日はコーチ陣も発表された。外野守備・走塁コーチに清水雅治氏、バッテリーコーチに村田善則氏、内野守備・走塁コーチに井端弘和氏、ヘッドコーチに金子誠氏、投手コーチに建山義紀氏が就く。打撃コーチは後日発表される。
  
 いずれも稲葉監督とは旧知の間柄で、「仲良しチームといわれるかもしれませんが、言いたいことが言い合える関係。コミュニケーションをしっかりとってやっていきたい」と語った。
 
 目指す野球は「日本らしい投手を中心とした守りが基本」。しかし、短期決戦で得点力も必要となるため、「足を絡めた機密な野球をやっていきたい」とした。
 
 稲葉ジャパンの初戦は11月16日の韓国戦。2020年の東京五輪で日の丸を背負うであろう代表メンバーの活躍に期待がかかる。
 
大会日程は以下の通り。
 
◇予選
▼11月16日 日本―韓国
▼11月17日 韓国ー台湾
▼11月18日 台湾ー日本
 
◇決勝
▼11月19日 予選1位ー予選2位

スポンサードリンク