データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





復調・巨人、投打でランクイン。陽岱鋼が両リーグトップ、新人・畠はMVP級の奪三振力【データで選出8月月間MVP】

8月度の日本生命月間MVPが発表され、野手では山川穂高(西武)と筒香嘉智(DeNA)が、投手ではデニス・サファテ(ソフトバンク)とマイルズ・マイコラス(巨人)が選出された。山川は8月2日の楽天戦で3打席連続本塁打を放つなど絶好調。チームが勝利を重ねていく原動力となり、がっちりとレギュラーの座をつかみとった1ヵ月だった。今月もデータに主眼を置いた別角度からの評価で、8月に最も効果的な働きを見せていた選手が誰なのかをチェックしていく。

2017/09/12

text By

photo

DELTA

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



西武、広島勢が健闘。秋山は本企画3度目のMVPに

 貢献の評価は、(1)セイバーメトリクスの一手法を用いて選手の働きを得点換算し、(2)同じ出場機会を「平均的な成績の選手」が担った場合の働き(得点)を基準(=0)に置き、どれだけ上積みをつくったかという推定値を算出して行った。「平均的な成績に対して大きな差をつくり」、また「その状態で多くの出場機会を重ねていく」ことで増えていく数値なので、質と量、両面から貢献を計ることになる。
 
 野手から見ていこう。パ・リーグでは平均から11.8点の上積みをつくった秋山翔吾(西武)、セ・リーグでは両リーグ最高の16.4点を積み上げた陽岱鋼(巨人)がトップとなった。秋山は5月、7月に続き、本企画において今季3度目のトップ選出。アベレージして貢献を果たしている様子がうかがえる。球団別に見ると西武勢、広島勢ともに3人がトップ 5に入っており、主力野手が快走するチームを支えていたようだ。

スポンサードリンク

1 2 3