データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ロッテのドラ2ルーキー・酒居がプロ初白星&初完投!2回以降は得点圏に走者進ませず

2017/08/18

text By

タグ: , , , , , , , , , , ,



〇ロッテ5-2オリックス●(18日・京セラドーム大阪)
 
 ドラ2ルーキー・酒居知史の力投が光ったロッテがカード初戦を制した。
 
 この試合の先発はロッテ・酒居、オリックス・ディクソン。ロッテは序盤から試合を優位に進めた。
 
 初回、ロッテは先頭の加藤が大城の失策で出塁すると、続く荻野が初球を叩き適時二塁打として1点を奪う。その後、二死3塁から鈴木が適時三塁打を放ち、この回2点を先制した。
 
 その後、7回には二死から根元が三塁打を放ちチャンスを作ると、田村が二塁へ適時内野安打を放ち、1点を追加。そして、9回には鈴木が一死から二塁打を放ちチャンスを作ると、中村が2戦連続となる本塁打を放ち、ダメ押しの5点目を追加した。
 
 投げては、ルーキー・酒居がマウンドで躍動。酒居は2回に2安打と犠飛で1点を失ったが、その後は打たせて取る投球が冴え得点圏に走者を進ませなかった。
 
 酒居は9回裏にT-岡田のソロ本塁打で2点目を失ったが、その後は吉田正を遊ゴロ、ロメロを二ゴロ、小谷野を右飛に打ち取って試合を締めた。
 
 9回を123球で4安打・2奪三振・無四球・2失点の快投を見せた酒居は、嬉しいプロ初勝利と初完投を同時に記録した。今季は石川・唐川・涌井など先発陣が振るっていないロッテだが、変幻自在の投球で相手を翻弄する、将来が楽しみなルーキーが現れた。
 
 敗れたオリックスは、投打に振るわなかった。