データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



西武4連勝!岡本が今季初のQSで6勝目、森が今季初本塁打&猛打賞

2017/08/16

text By

タグ: , , , , , , , ,



〇西武5-0楽天●(メットライフドーム)
 
 投打のかみ合った西武が楽天を降し、4連勝を飾った。
 
 西武先発・岡本、楽天先発・美馬でプレイボール。試合は、序盤から西武ペースで進んだ。
 
 2回、西武は山川・外崎の安打で一死1・2塁のチャンスを作り、炭谷の遊ゴロ間に二死1・3塁とすると、永江の一ゴロを投手・美馬が失策。相手のミスに助けられ、西武は1点を先制した。
 
 その後、4回には無死から山川・森が連打を放ちチャンスを作ると、二死から永江が適時二塁打を放ち2点を奪う。続く金子も内野安打でつなぎ二死1・3塁とすると、今度は源田が中前適時打を放ち、4点目を加えた。
 
 そして、5回には復帰後2戦目の森が右中間スタンドに今季初本塁打を放ち、1点を追加した。昨日の試合で1軍復帰を果たした森は、この試合では猛打賞を記録し、2日で5安打と好調のようだ。
 
 投げては、岡本が得点圏に走者を進ませたのは4回だけと安定した投球で6回無失点の好投。ペゲーロが復帰して厚みを増した楽天打線をしっかりと0に抑え、今季初のQSを記録した。
 
 7回からはシュリッター・牧田・平井とつないで完封リレー。先発した岡本は今季6勝目をマークした。今季、岡本が登板した試合は全てチームの白星につながっている。
 
 敗れた楽天は恐怖の2番打者・ペゲーロが復帰したが、投打に振るわずカード負け越しとなった。