データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





オリックス・吉田正の一撃で接戦制す!2本塁打・1適時打の計3安打で4得点と効率良さ光る

2017/08/10

text By

タグ: , , , , , , , , , , ,



〇オリックス4-2西武●(京セラドーム大阪)
 
 オリックスが3安打4得点と少ない安打・チャンスで得点を奪い、カード勝ち越しを飾った。
 
 オリックス・松葉、西武・菊池の先発でプレイボール。先制点を奪ったのはオリックスだった。
 
 初回、オリックスは二死からマレーロが初球を叩いて左中間スタンドに運び、1点を先制。その直後の2回表、松葉が無死1・2塁から栗山に適時打を浴びて同点に追いつかれたが、松葉は後続を抑えこの回を1失点で切り抜けた。
 
 同点に追いつかれたオリックスだったが、3回先頭の安達がソロ本塁打を放ち、1点を勝ち越した。
 
 その後、松葉は6回を1失点にまとめ試合を後続に託した。しかし、1点リードの8回に3番手で登板した近藤が二死から浅村に痛恨のソロ本塁打を浴び、再び試合を振り出しに戻してしまい、松葉の勝利投手の権利も消滅してしまった。
 
 まさかの展開となり、菊池の前にマレーロ・安達の本塁打以外は無安打に終わっていたオリックスだったが、8回に菊池の制球難を見逃さなかった。
 
 8回、オリックスは先頭の大城が四球・安達の犠打、代打・伊藤の四球で一死1・2塁のチャンスを作ると、2年目・吉田正が値千金の2点適時二塁打を放ち、勝ち越しに成功した。吉田の安打は、オリックスにとってこの日初めてスタンドインではなくフェアゾーンに落ちた安打となった。
 
 リードを奪ったオリックスは、9回に今日1軍復帰を果たした守護神・平野をマウンドへ。平野は二死を奪った後、外崎に二塁打を浴びてピンチを招いたが、最後は代打・水口を右飛に打ち取り試合を締めた。
 
 敗れた西武は、菊池が8回を112球で3安打・12奪三振・3四球・4失点の熱投を見せたが、要所で痛打を浴びてしまい失点を重ねてしまった。打線もつながりを欠き、カード負け越しとなった。

スポンサードリンク