データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





中日・大野6回無失点で今季2勝目!阪神は貧打止まらず2試合連続完封負けで7連敗…

2017/06/29

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



〇中日2-0阪神●(ナゴヤドーム)
 
 2試合連続完封を決めた中日が3連勝を飾った。
 
 中日先発・大野、阪神先発・メッセンジャーで始まった試合は、投手戦の様相を呈した。
 
 初回、中日はメッセンジャーの立ち上がりを攻め、荒木・大島・ゲレーロの3連打で1点を先制。その後は両軍スコアボードに0が並んだが、7回に中日は京田の二塁打・荒木の進塁打で二死3塁のチャンスを作ると、大島が左前に適時打を放ち貴重な2点目を奪った。
 
 先発・大野は6回を112球、2安打、7奪三振、3四球で無失点と好投。そして、6回からは又吉・岩瀬・田島とつなぎ、2戦連続の完封リレーでリードを守り切った。好投を見せた大野は今季2勝目、田島はリーグ単独トップとなる21セーブ目を手にした。
 
 敗れた阪神は散発4安打で2試合連続完封負けと貧打が止まらず、7回2失点と好投を見せたメッセンジャーを見殺しにしてしまった。
 
 連敗中の直近7試合で総得点は「6」、完封負けは4回と貧打に苦しむ阪神。明日から本拠地・甲子園での3連戦となるが、果たして猛虎打線爆発で連敗ストップとなるだろうか。

スポンサードリンク