データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【17日の交流戦結果その2】広島・丸、決勝本塁打で交流戦最高勝率逆王手、ペゲーロ満塁弾で阪神降す

2017/06/17

text By

タグ: , , , , ,



〇広島3-2ソフトバンク●(マツダスタジアム)
 
 広島が接戦を制し、球団史上初となる交流戦最高勝率に逆王手をかけた。
 
 広島先発・野村は初回と4回に1点ずつを失い、相手にリードを許していたが、4回裏に丸・松山の安打で二死2・3塁のチャンスを作ると、エルドレッドが適時打を放ち同点に追いついた。
 
 その後、両軍投手陣が好投していたが、8回に昨日3本塁打の丸が、今季好調の岩嵜から値千金の勝ち越しソロ本塁打を放ち、広島は遂に劣勢を跳ね返した。
 
 9回は今村が一打逆転のピンチを背負ったが、気迫溢れる投球で川崎を空振り三振、今宮を三ゴロに打ち取り、試合を締めた。
 
 敗れたソフトバンクは先発・松本が7回2失点と試合を作ったが、最後は岩嵜が力尽き接戦をモノに出来なかった。
 
〇楽天8-2阪神●(甲子園)
 
 楽天が終盤の猛攻で試合を決め、連敗を3で止めた。
 
 初回、楽天は茂木・ペゲーロの連続四球でチャンスを作ると、ウィーラーの適時打で1点を先制。そして、3回には銀次の適時打で1点を追加した。
 
 しかし、先発・美馬が4回に中谷・原口に適時打を浴び2失点。試合を振り出しに戻されてしまった。その後、試合は両軍投手陣が好投を見せていたが、8回に楽天打線が爆発した。
 
 8回、阪神4番手・マテオからウィーラーが四球・盗塁でチャンスを作ると島内が適時打を放ち1点を勝ち越す。その後も二死1・3塁のチャンスを作ると、この日昇格の代打・枡田の打球を一塁・原口が失策しその間に1点が入る。そして、続く茂木が四球を選び二死満塁とすると、ペゲーロがバックスクリーンにとどめの満塁弾を放ち、試合を決めた。
 
 敗れた阪神は、4番手・マテオ、5番手・松田が誤算で大敗となってしまった。