データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



交流戦首位攻防戦はソフトバンクが先勝!昨季沢村賞・ジョンソンを攻略し交流戦同率首位に

2017/06/16

text By

タグ: , , , , , , , , ,



〇ソフトバンク5-3広島●(マツダスタジアム)
 
 16日、マツダスタジアムで福岡ソフトバンクホークス対広島東洋カープの一戦が行われ、ソフトバンクが5-3で勝利を収めた。
 
 この日の先発は、ソフトバンク・バンデンハーク、広島・ジョンソンと両球団の誇る助っ人対決となったが、序盤から明暗が分かれた。
 
 初回、ソフトバンクはジョンソンの立ち上がりを攻め、暴投と柳田の適時打で2点を先制。その後もソフトバンクは攻める手を緩めず、3回は川島の今季第2号となる本塁打で2点、4回には甲斐の四球・バンデンハークの犠打・ジョンソンの暴投で一死三塁のチャンスを作ると、松田の三ゴロ間に1点を追加した。
 
 バンデンハークは、丸に3打席連続で逆方向にソロ本塁打を浴びたが、7回3失点と打線の奪ったリードを守り抜き、8回は岩嵜、9回はサファテがそれぞれ無失点で試合を締めた。
 
 バンデンハークは今季7勝目(3敗)、サファテは20セーブ目を記録した。
 
 敗れた広島は、先発・ジョンソンが5回5失点と試合を作れなかった。また、打線も丸が1人で3本塁打と気を吐き、ソフトバンクを上回る9安打を放ったが、好機で一打が出なかった。