データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





巨人、山口俊・マシソン・カミネロの継投でノーヒットノーラン達成!山口は移籍後初勝利

2017/06/14

text By

タグ: , , , , , , , ,



 読売ジャイアンツは、14日に本拠地・東京ドームで福岡ソフトバンクホークスと対戦。投手陣の好投と坂本の2本塁打がかみ合い、3-0で白星を飾りカード勝ち越しを決めた。
 
 この日の先発はDeNAからFA加入となった山口俊。右肩違和感などで出遅れ、この試合が今季初登板となったが、ソフトバンク打線を相手に6回102球、無安打、8奪三振、4四球、無失点と好投。ケガからの復帰明け登板ということもあり、山口は無安打のまま降板となった。
 
 そして、6回裏には坂本が試合の均衡を破る2点本塁打を放ち、2点を先制。そして、8回には坂本が2打席連続となる本塁打を放ち、キャプテンが好投の投手陣を援護した。
 
 リードを奪った7回からは、2番手にマシソンが登板。7回先頭の中村晃にはマギーの後逸で出塁を許したが、その後は柳田・松田・上林を三者連続三振に仕留めた。マシソンは8回も続投し、ソフトバンクの代打攻勢をかわし三者凡退に抑えた。
 
 9回には、2軍から昇格したカミネロが登板。川崎・柳田に四球を与え、一発が出れば同点のピンチを招いたが、最後は松田を空振り三振に仕留め、試合を締めた。
 
 3投手の好投と坂本の本塁打がかみ合い、巨人は3-0で勝利。今季の交流戦でチーム初となる連勝を飾った。
 
 継投によるノーヒットノーランは、NPBでは過去に5回記録されている。2007年の日本シリーズでの山井大介・岩瀬仁紀(完全試合)、1971年のオールスターでの記録を除くと、2006年4月15日に日本ハムの八木智哉・武田久・MICHEALの3人がソフトバンク相手に延長12回を無安打無得点に抑えた試合以来となる公式戦史上4度目の快挙達成となった。

スポンサードリンク