データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【13日の交流戦結果その2】巨人・菅野1失点完投勝利、ロッテ・石川今季初勝利、楽天・松井稼3安打5打点

2017/06/13

text By

タグ: , , , , , , ,



〇楽天12-3ヤクルト●(神宮球場)
 
 楽天が投打でヤクルトを圧倒し、3連勝を飾った。
 
 初回、楽天は先頭の茂木が三塁打を放ちチャンスを作ると、ペゲーロ・松井稼が適時打を放ち3点を先制。3回には松井稼の適時打で2点を加え、リードを5点に広げる。そして、5回以降は毎回得点を奪い、最終的に本塁打なしの15安打で12得点を奪った。
 
 先発・釜田は6回2失点と試合を作り、打線の大量援護にも恵まれ今季3勝目を手にした。
 
 敗れたヤクルトは先発・石川が5回6失点と試合を作れず、救援陣も全員失点と投手陣が崩壊し、打線も散発3安打と楽天の4失策を活かすことが出来ず、大敗となった。
 
〇ロッテ8-1DeNA●(横浜スタジアム)
 
 降雨の中行われた試合は、投打がかみ合ったロッテが制した。
 
 ロッテ先発・石川、DeNA先発・石田で始まった試合は、ロッテのペースで進んだ。
 
 初回、ロッテは先頭の荻野が二塁打で出塁すると、角中が適時打を放ち1点を先制。そして、6回には二死満塁のチャンスを作ると、三木の押し出し死球、田村の走者一掃の適時二塁打、荻野の適時打で一挙5点を奪った。そして、9回には5番手・国吉の制球が乱れている隙を突き、ダメ押しの2点を加えリードを7点に広げた。
 
 投げては、先発・石川が7回1失点の好投。その後は大谷・益田と繋ぎ、リードを守り切った。
 
 敗れたDeNAは、投打に振るわず3連敗となった。
 
〇巨人5-1ソフトバンク●(東京ドーム)
 
 巨人が本拠地で快勝し、連敗を2で止めた。
 
 ソフトバンク先発・東浜、巨人先発・菅野で始まった試合は、巨人ペースで試合が進んだ。
 
 3回、巨人は二死から山本・坂本の連続二塁打で1点を先制。4回には長野の二塁打でチャンスを作ると、小林の適時打で1点を追加。そして、7回には菅野・陽が連打でチャンスを作ると、坂本・マギーが連続で適時打を放ちリードを5点に広げた。
 
 投げては、菅野が9回1失点の快投で今季4度目の完投勝利。阪神・メッセンジャーに並ぶハーラートップタイの7勝目を手にした。
 
 敗れたソフトバンクは、投打に振るわなかった。