データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【9日のセ・パ交流戦結果その1】De宮崎9回に劇的逆転弾、SB柳田チーム全打点、巨人連敗ストップ

2017/06/09

text By

タグ: , , , , , , ,



 今日の試合は、セ・パ両リーグで順位が同じ球団による対決となった。
 
〇ソフトバンク3-0阪神●(ヤフオクドーム) 2位対決
 
 ソフトバンクが完封リレーで阪神を降し、4連勝を飾った。
 
 初回、ソフトバンクは今宮の二塁打でチャンスを作ると、柳田に適時打が飛び出し1点を先制。3回には柳田に今季第15号となる本塁打が飛び出し2点を追加した。
 
 投げては、先発・バンデンハークが6回無失点の好投。その後は勝ち継投の森・岩嵜・サファテが1イニングずつを無失点に抑え、試合を締めた。バンデンハークは今季6勝目、サファテは18セーブ目を手にした。また、チームの全打点を叩き出した柳田は4試合連続のお立ち台となった。
 
 敗れた阪神は先発・岩貞が7回3失点と試合を作ったが、打線が散発4安打と振るわなかった。
 
〇DeNA4-3西武●(メットライフドーム) 3位対決
 
 DeNAが劇的な逆転勝利でカード初戦を白星で飾った。
 
 2回、DeNAは一死から嶺井が安打で出塁すると、田中浩に移籍後初本塁打が飛び出し2点を先制。しかし、その後は西武先発・菊池に8回まで無得点に抑えられた。
 
 先発・井納は7回に炭谷・水口・金子に3連打を浴び同点に追いつかれたところで降板。そして、2番手・砂田はボークで金子を3塁に進めてしまうと、源田の遊ゴロ間に本塁生還を許し1点の勝ち越しを許した。
 
 しかし、9回にドラマが待っていた。9回、先頭の筒香が四球で出塁すると、続く宮崎が左中間に今季第4号となる2点本塁打を放ち逆転に成功。そして、9回裏は山崎康が水口・金子・源田を三者凡退に抑え試合終了。DeNAは土壇場の逆転で白星を掴んだ。
 
 西武は守護神・増田が一発に泣き、連勝は6で止まった。
 
〇巨人2-1日本ハム●(札幌ドーム) 5位対決
 
 巨人が投手戦を制し、連敗を13で止めた。
 
巨人先発・マイコラス、日本ハム先発・高梨で始まった試合は、投手戦の様相を呈した。
 
 2回表、巨人は村田・長野・石川慎の3連打で1点を先制。直後の2回裏にマイコラスは1点を失い、試合は振り出しに戻ってしまったが、5回に坂本の適時二塁打で再び1点を勝ち越し。
 
 1点を奪った後も先発・マイコラスは気迫溢れる投球を見せ、8回を121球で5安打、10奪三振、無四球、1失点の熱投。日本ハム打線につけ入る隙を与えなかった。そして、9回はマシソンが無失点で締め試合終了。マイコラスは今季5勝目、マシソンは今季初セーブをマークした。
 
 敗れた日本ハムは打線がマイコラス・マシソンの前に散発5安打で1得点と沈黙し、8回途中2失点と好投した先発・高梨を援護できず、6連敗となった。