データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【7日のセ・パ交流戦結果その2】オリ・ロメロサヨナラ打、中日・大野今季初勝利、DeNAが乱戦制す

2017/06/07

text By

タグ: , , , , , , ,



〇DeNA10-6楽天●(Koboパーク宮城)
 
 DeNAが序盤に奪ったリードを守り抜き、3連勝を飾った。
 
 初回、DeNAは桑原の安打、梶谷・ロペスの連続四球で無死満塁のチャンスを作ると、筒香の押し出し四球、藤田の悪送球、田中浩の適時打、桑原の押し出し四球でこの回6点を先制した。3回にはロペスの適時打、筒香の犠飛で2点を奪い、7回には筒香・宮崎の2者連続押し出し四球で2点を追加し計10点を奪った。
 
 宮城県出身のDeNA先発・熊原は5回6失点と楽天打線に捕まってしまったが、味方の大量援護、救援陣の好投に恵まれ、地元で今季2勝目を手にした。
 
 敗れた楽天は、先発・森が3回途中で7安打、6四球、8失点でKO、4番手・森原もボール先行の投球で1回2失点と2人が振るわず、打線も追い上げ及ばず今季初の3連敗となった。
 
〇オリックス5×-4阪神●(京セラドーム大阪)
 
 オリックスが4点ビハインドから逆転しサヨナラ勝ちを飾った。
 
 先発・東明は4回を4安打、1奪三振、3四球で4失点と試合を作れず降板。その後は2番手・赤間を筆頭に救援陣が好投し阪神に追加点を許さなかった。
 
 そして、5回からオリックス打線が反撃に出た。5回、T-岡田の今季第14号となる本塁で1点を返すと、7回には西野・安達・ロメロ・小谷野の4連打で2点を奪い、その後も代打・モレルに適時打が飛び出し遂に同点に追いついた。
 
 そして、9回裏に阪神4番手・マテオから伊藤が四球を選び、武田の犠打で一死二塁とし、西野の四球、安達の安打で一死満塁と絶好機を作ると、4番・ロメロが適時打を放ち試合を決めた。
 
 9回に3安打で満塁のピンチを作りながらも無失点に抑えた平野が今季2勝目、サヨナラ打を浴びたマテオは今季初黒星を喫した。
 
 阪神は先発・能見がリードを守り切れず、打線も好機であと1本が出ず連勝は3で止まった。
 
〇中日4-2ロッテ●(ZOZOマリンスタジアム)
 
 投打がかみ合った中日が3連勝を飾った。
 
 3回、中日は藤井のソロ本塁打で1点を先制。その後も中日打線は6回にビシエドの遊ゴロ間に1点、7回に荒木の適時打で1点、8回には一死から堂上・藤井の連打でチャンスを作ると、二塁・鈴木の悪送球で1点を追加しリードを2点に広げた。
 
 投げては、先発・大野が7回2失点と好投。その後は伊藤・田島と繋ぎ試合を締め、大野は今季初勝利、田島は今季15セーブ目を上げた。
 
 ロッテは、先発・チェンが6回2失点と試合を作ったが、3番手・有吉、5番手・大谷が接戦で手痛い失点を喫してしまい、打線も反撃を見せられず4連敗となった。