データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【29日のデーゲーム結果】広島4発で快勝、M二木今季初勝利、F田中賢サヨナラ打

2017/04/29

text By

タグ: , , , , , , , , ,



〇広島6-1DeNA●(横浜スタジアム)
  
 広島が計4発の一発攻勢でDeNAを降した。
  
 初回、DeNA先発・今永から先頭の田中が初球を捉え安打で出塁すると、続く菊池も初球を右翼スタンドに運び、2球で2点を先制した。その後も4回に鈴木のソロ、7回に新井のソロでDeNA・今永から4点を奪い前回対戦の雪辱を果たした。その後も2番手・平田から鈴木がこの日2本目となる2点本塁打を放ち、6点のリードを奪った。
  
 投げては、先発・岡田が8回1失点の好投。9回は薮田が無失点で試合を締め、広島は投打でDeNAを圧倒した。
  
 敗れたDeNAは投打に振るわなかった。
  
〇中日6-3阪神●(甲子園)
  
 中日が9回に集中打を見せ、白星を飾った。
  
 中日は、阪神先発・青柳から2回までに3点を奪ったが、中日先発・バルデスも3回までに3点を失い、以降は8回裏まで両軍無得点と互角の戦いを繰り広げていたが、試合は9回に動いた。
  
 3-3の同点で迎えた9回、阪神は守護神・ドリスを投入するも、これが裏目となってしまった。
  
 中日は一死から大島が安打で出塁し、平田が四球を選びチャンスを作ると、ビシエド、藤井、堂上の3連打、松井雅の犠飛でドリスから3点を奪い、試合を決めた。
  
 リードを奪った後の9回は田島が締め、試合終了。先発・バルデスはまたも白星がつかなかったが、バルデスの好投がチームを勝利へ導いた。
  
〇ロッテ6-3西武●(メットライフドーム)
  
 ロッテがリードを守り抜き、連敗を2で止めた。
  
 初回、貧打に苦しむロッテ打線が繋がりを見せた。先頭の伊志嶺、荻野が連打で出塁すると、清田が手堅く犠打で送り一死2・3塁とチャンスを作る。その後、鈴木が四球を選び満塁とすると、福浦が走者一掃の適時二塁打を放ち、3点を先制した。そして、3回には4番に座っている鈴木に今季3号となるソロ本塁打が飛び出し、西武先発・野上から4点のリードを奪った。
  
 投げては、先発・二木が8回途中3失点の好投でリードを守った。そして、1点差に迫られた9回には、9番に入った三木亮に2015年シーズン以来の2点本塁打が飛び出し、3点のリードを奪い試合を決めた。
  
 西武は投打に振るわず、4連敗となった。18時プレーボールのナイターゲームでソフトバンクが勝利すると、4位転落となる。
  
〇日本ハム3×-2楽天●(札幌ドーム)
  
 日本ハムがサヨナラ勝ちで接戦を制した。
  
 日本ハムは、3回に西川の犠飛、5回に大田の移籍後初本塁打で2点をリードしていた。しかし、7回に先発・有原が捕まった。先頭の銀次に四球で出塁を許すと、岡島に安打を浴びピンチを作る。そして、続く藤田、茂木に適時打を浴び試合を振り出しに戻されてしまった。
  
 しかし、日本ハム打線が9回に楽天守護神・松井裕を攻略した。9回一死から近藤が11球粘り四球で出塁すると、続く中田の打席で近藤が盗塁を決め二死2塁。その後、レアードが安打で続くと、田中賢介が右前にサヨナラ適時打を放ち試合を決めた。
  
 楽天は投打に粘り強く戦ったが、最後に松井裕が力尽き、連勝は4で止まった。

スポンサードリンク

shiro