データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



広島、4発の本塁打と岡田の8回1失点の好投でDeNAに快勝!De・今永に前回対戦のリベンジ果たす

2017/04/29

text By

タグ: , , , , , , , , ,



 29日、横浜DeNAベイスターズ対広島東洋カープの一戦が横浜スタジアムで行われ、広島が1-6で勝利を収めた。
 
 この試合で広島・岡田は8回1失点と好投し、今季3勝目を手にした。また、広島は前回対戦で初完封を許したDeNA・今永にリベンジを果たした。
 
 試合は、広島が一発攻勢で試合を優位に進めた。初回、今永から先頭の田中が初球を捉え安打で出塁すると、続く菊池も初球を右翼スタンドに運び、2球で2点を先制した。
 
 その後、4回に鈴木のソロ本塁打、7回に新井のソロ本塁打が飛び出し、今永から8回には2番手・平田から鈴木の今日2本目となる2点本塁打が飛び出し、4発で計6得点を加えた。
 
 今永は今日3本目の本塁打を浴び、6回二死に満塁のピンチを背負ったところで降板となった。6回2/3を8安打、6奪三振、1四球、4失点と、一発に泣く内容となってしまった。
 
 広島先発・岡田は8回にプロ入り後最速の154キロを記録するなど、球威のある速球を中心にした投球でDeNA打線を沈黙させた。
 
 9回は薮田が1安打を許すも、後続を併殺に抑え試合を締めた。広島は、19日の前回対戦で1安打完封負けを喫した今永にリベンジ成功となった。

スポンサードリンク

shiro