データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【4月25日のセ・リーグ試合結果】G菅野2試合連続完封、D松井雅3季ぶり本塁打、De筒香決勝打

2017/04/25

text By

タグ: , , , , , , , , , , ,



〇DeNA1-0阪神●(甲子園)
 
 DeNAが完封リレーで阪神を降した。
 
 初回、阪神先発・秋山から先頭の桑原がバットを折りながらも安打を放ち、続く石川が犠打で送りチャンスを作る。続く梶谷は二ゴロに倒れたが、その間に桑原は3塁に進塁。そして、筒香が適時打を放ち、1点を先制。結果的に、この1点が決勝点となった。
 
 DeNA先発・濱口は7回無死までノーヒットピッチングの快投。しかし、7回二死に満塁のピンチを背負ったところで降板となった。その後、2番手・山崎康が代打・新井を空振り三振に仕留め無失点に抑えた。
 
その後は8回を三上、9回をパットンがそれぞれ無失点に抑え、継投で阪神を完封した。
 
 阪神は先発・秋山が8回途中11奪三振1失点の好投を見せたが、打線が濱口の前に沈黙。終盤の7回・8回には一打逆転のチャンスを作ったが、あと1本が出ず3位に後退となった。
 
〇巨人1-0広島●(マツダスタジアム)
 
 巨人が接戦を制し、首位・広島とのゲーム差を0.5とした。巨人先発は菅野、広島先発は野村で始まった試合は、投手戦の様相を呈した。
 
 両投手好投を続けていたが、4回に試合が動いた。4回表に二死から、マギーが左翼スタンドに値千金の先制本塁打を放ち、好投を続ける菅野を援護した。
 
 援護を貰った菅野はスコアボードに0を並べ続け、9回を被安打4、7奪三振、1四球、無失点の快投を見せ2試合連続の完封で3勝目を手にした。
 
 野村も8回1失点の好投を見せたが、打線が菅野の前に沈黙してしまい、野村は今季初黒星を喫した。
 
〇中日4-2-ヤクルト●(豊橋市民球場)
 
 中日が今季初となる豊橋市民球場の主催試合を制した。
 
 3回、中日打線はヤクルト先発・山中からビシエドの安打、藤井の四球でチャンスを作ると、ここまで精彩を欠いていたゲレーロに今季2号となる3点本塁打が飛び出し、3点を先制。そして、6回には松井雅の2014年以来となるソロ本塁打が飛び出し、4点のリードを奪った。
 
 先発のジョーダンは8回途中2失点と好投を見せ、8回二死にピンチを背負った場面で降板。2番手・三ツ間がジョーダンの背負った走者を還し2点を奪われ、一発が出れば同点の場面を招いたが、バレンティンから空振り三振を奪い追撃を許さなかった。その後、9回は守護神・田島が三者凡退に抑え試合終了。中日は直近6試合で4勝1敗1分という好成績を残し、最下位を脱出した。
 
 一方のヤクルトは山中が7回84球と球数少なくアウトを奪うも、2発の本塁打に沈み、打線も振るわず最下位転落となった。

スポンサードリンク